ANA、JAL株主優待券を新宿、池袋、新橋での買取、最高値で売る方法

日本を代表する航空会社のANAとJAL。その安定性から株を購入している方も多いのではないでしょうか。ANAとJALどちらも、一定数の株を取得していれば「株主優待券」を年2回もらうことができます。新幹線と違ってシーズンやチケットの申し込み時期、搭乗時間によって大きく金額が異なる航空券ですが、株主優待券を使えば国内線の片道分の値段が半額になるという非常にお得なものです。

この記事では、ANAとJALの株主優待券について、期間中に飛行機に乗らないなどの理由で出品を検討している方に向けて、高く買い取ってもらう売りどきはいつなのか、どこで買い取ってもらうのがおすすめかについて詳しく解説しています。新宿・池袋・新橋に多数ある金券ショップに売りに出すことに比較してもお得になる方法も紹介していますよ。ぜひ、参考にしてください。

ANA・JALの株主優待券の取得方法

株主優待券はANAとJALそれぞれの株主になることで発行されます。3月末日と9月末日に、株を一定数持っていると発行されます。発行されるタイミングは年2回で、3月末に株を持っていれば5月中旬に、9月末に株を持っていれば11月中旬に株主優待券が送られてきます。取得している株数によってももらえる株主優待券の枚数は異なります。JAL・ANAともに、株主優待券をもらうには最低100株の取得が必要です。
年2回送られてくる株主優待券には、それぞれ1年間の使用期限があります。

株主優待券は画像のように、クーポン番号が記載された部分がスクラッチになっています。
株主優待券は、使用しない人が金券ショップやオークションサイトに出品していますので、自分で株を取得しなくても、金券ショップやヤフオク、メルカリなどから購入することも可能です。

高値で買い取ってもらえる時期は?

自分が持っている株主優待券を売りに出す場合、どうせならなるべく高値で売りたいですよね。その場合は、航空券が高くなるシーズンに合わせて出品するとよいでしょう。
たとえばお盆やお正月、ゴールデンウィークなどの大型連休に合わせて出品すれば、多少高くても航空券も高い時期なので、高値で買い手が見つかるでしょう。買取の相場は1年の中でも大きく変動があり、2,000円~7,000円となっています。適切な時期を見計らって出品や買い取りしてもらうのがおすすめです。

どんな買取ルートがある?

それでは実際に売りに出す場合に、どこで売ると最も高値がつきやすいでしょうか。主な買取ルートとしては、新宿や池袋、新橋に多い金券ショップと、ヤフオクやメルカリなどのネットオークションやフリマサイトが挙げられます。それぞれで買い取ってもらう場合の、メリット・デメリットについて確認しておきましょう。

まずは金券ショップの場合です。ANA・JALの株主航空券はどちらも非常に需要が高いため、買い取ってもらえないということはまずないでしょう。大きなメリットとしては、その場でお金が受け取れることが挙げられます。デメリットとしては、直接店舗まで行く必要があること。

新宿・池袋・新橋といった場所まで家が近いとしても、往復の交通費に加えて時間もかかります。さらに、金券ショップではネットを使った買取よりも安価になりがちです。買取価格は日々変動するので、実際に店舗に行くまでいくらで買い取ってもらえるかがはっきりと分からないこともデメリットです。買い取ってもらえないことはないでしょうが、提示された料金に納得がいかなければ無駄足になりますし、他の金券ショップをあたったとしても大きく値が変わることはないでしょう。

次にネットオークションやフリマアプリを使用した場合についてみていきましょう。まず大きなメリットとしては、自分で売値を決められることが挙げられます。相場の変動に合わせて料金を変更することもできます。

しかし、高値をつけることができても、売れるとは限らないということがそのままデメリットになります。急にお金が必要な場合には、なかなか売れないことに焦り、相場より安く出品せざるをえないこともあるでしょう。売れるか分からない、売れるまでの時間が読みづらくキャッシュ化するのに時間がかかるといったことに加え、自分で発送をしないといけないという手間もあります。送料を負担すれば、結局手元に残るのは少なくなります。また、最大のデメリットとしてはヤフオクにしろ、メルカリにしろ、販売手数料がかかるということ。ヤフオクなら約8.5%、メルカリなら10%が手数料になります。

すぐに買い取ってもらえ、手間が少ないギフトグレースがおすすめ

JAL株主優待買取ページ
ANA株主優待買取ページ

ギフトグレースは、店舗を構えず、Amazonギフト券などの電子ギフト券を中心に買い取りを行うサイトです。JAL・ANAの株主優待券も買取対象となっていますので、店舗に行かずとも確実に買い取ってもらえるという利点があります。

さらには、買取価格はそれぞれの買取ページで日々更新されているので、自分のタイミングで売りに出すことも可能です。サイトで申し込みを行って、レターパックなどの追跡可能な方法で郵送するだけで完了です。入金は即日、24時間対応しています。また、振込手数料もかかりません。買取価格は申し込み時点での値段となりますので、届くまでの時間の値下がりを心配する必要もありませんよ。買取は郵送のみなのでご注意ください。

ギフトグレースなら、最も手間が少なく、高価格ですぐにお金を手にすることができます。株主優待券の出品を検討しているのなら、ぜひチェックしてみてください。

ギフトグレースで問い合わせが多い順に一挙公開

これからギフトグレースを利用する方は、スムーズな取引がしたいですよね。特に買取の手順や振り込みについては詳しく知っておきたいでしょう。

そこで今回は、ギフトグレースで問い合わせが多かった事例を順番に紹介していきます。これからギフトグレースを利用する人はぜひ参考にしてみてください。

買取の金額が知りたい

買取の金額は買取率を参考に計算をしてみましょう。代表的なギフト券の買取率は以下の通りです。

例えばAmazonギフト券1万円分を特急プランで買取してもらうと、初めての方なら8600円が受け取れます。2回目以降はギフト券の金額が大きいほど買取率が上がる仕組みです。

こちらは毎日、価格や買取プランの時間が変わります。詳しくは、トップページの「ギフト券買取率」にてご確認下さい。

買取の手順が分かりません

ギフトグレースの申し込みから振り込みまでの手順を解説します。

①まずは必要なものを準備する

ギフトグレースを初めて利用する人は以下のものを準備しましょう。

・メールアドレス
・本人確認書類
・ギフトコード(未使用に限る)

本人確認書類については

1点の提出で申し込みが可能な身分証
運転免許証(裏面も提出)
健康保険証(社会健康保険証の場合は現住所が記載されている裏面も提出)
マイナンバーカード
住民基本台帳カード(裏面も提出)
パスポート(顔写真のあるページと住所のページを提出)
運転経歴証明書(裏面も提出。交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る)
在留カード(裏面もご提出ください)
特別永住者証明書(裏面も提出)
外国人登録証明書(裏面も提出。交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る)

2点ご提示で申し込み可能な身分証
住民票(発行から3ヶ月以内のものに限る)
公共料金(住所が記載されている発行から3ヶ月以内の電気・ガス・水道・NTT等)の請求書・領収書

②申し込み

次は「初回申し込みフォーム」から、お客様情報と振り込み先の金融機関情報を入力。本人確認ができる書類画像をアップロードします。最後にギフト券の情報を入力すれば申し込み完了です。

③振り込み

申し込みが承認されれば振り込みが行われます。

振り込みまでの時間が知りたい

振り込みの時間はプランによって異なります。

Amazonギフト券の場合ですが、

特急プラン:最短2時間ほど
通常プラン:最短4時間ほど
翌日プラン:翌営業日の24時まで

特急プランは手っ取り早く現金化したい人におすすめですが、少し買取率が下がります。翌日プランは振り込みまでに時間がかかりますが、買取率が高いです。

こちらは毎日、価格や買取プランの時間が変わります。詳しくは、トップページの「ギフト券買取率」にてご確認下さい。

時間に余裕がある人は、翌日プランで申し込みをするといいでしょう。

土日祝でも銀行に着金できるの?

ギフトグレースでは土日祝日でも振り込みに対応しています。

ただし振込先の金融機関によっては、入金までに時間がかかることがあります。「特急プランを頼んだのに翌日になってしまった」というケースも考えられるため、あらかじめ銀行に確認をしておきましょう。

以下は24時間反映の条件と注意事項です。

条件
注意事項
24時間反映が可能な金融機関
全銀ネットのモアタイムシステム加盟金融機関
(楽天銀行・三菱UFJ・三井住友・各地方銀行・各信用金庫 等)

全銀ネット加盟金融機関すべての銀行が24時間365日入金反映するわけではないため、各金融機関に問い合わせが必要。
24時間入金反映が可能ではない金融機関
全銀のモアタイムシステムに加盟していない金融機関
平日15時00分前にお振り込みした場合、入金反映されます。また平日15時00分以降にお振り込みした場合、土日祝の場合はご指定金融機関の翌営業日反映です。

ほとんどの銀行で全銀モアタイムシステムが導入されているので、基本的には365日24時間反映されます。分からない方は、不明な場合は銀行に確認をしておきましょう。

ギフト券の振り込みに関しての詳細は、下記のエントリーで詳しく書いております。

「ギフトグレースの振込」に関する事を分かりやすくブログにしました

残高買取はできる?

ギフトグレースでは、Amazonポイントの残高や余った登録済みのギフト券でも買取対応しています。正確に説明すると指定の商品を購入して、それを換金するという仕組みです。

手順は以下の通り。

電話かお問合せフォームより「Amazon残高買取希望」と入力。
会員登録
買取リストの送付
買取リストの商品をAmazonギフト券で購入
商品をギフトグレースに送付
商品代金を確認後、入金

通常のギフト券買取とは異なる方法ですので、間違えないように注意してください。

まとめ

今回はギフトグレースで問い合わせが多い事例を順番に解説してきました。申し込みから振り込みまでの手順もシンプルなので、誰でも気軽に利用できると思います。

またその他に疑問がある場合は、24時間対応の電話窓口に問い合わせをしてみましょう。オペレーターが丁寧に回答してくれますよ。

三井住友カードのワールドプレゼントのポイントを現金に換える方法

キャッシュレスの流れが日本でも強くなってきましたが、クレジットカードは所有して普段から使っているという方も多いのではないでしょうか。今回は数あるクレジットカードの中でも利用者の多い「三井住友VISAカード」を使用している方向けに、使用に応じてたまるポイントを現金化できるお得な方法をご紹介します。

ポイントを利用するのではなく、手元に残る現金に換えたいという方に参考になるはず。ぜひ最後までご覧ください。

三井住友VISAカードのワールドプレゼントというポイント制度

三井住友VISAカードは、「ワールドプレゼント」というポイント制度があります。これは1,000円(税込)ごとに1ポイントたまるもので、1ポイントにつき5円相当で景品との交換や他社のポイントプログラムに以降できるものです。

2020年5月16日から5月31日までのリニューアルが行われたあとは、ワールドプレゼントのポイントは、200円で1ポイントたまるポイント制度に変更になります。ワールドプレゼントという名称はそのままですが、こちらは1ポイントあたり1円相当になります。1ポイント=1円となるので、利用者にとっては分かりやすいですね。

独自ポイントがたまるカードは対象外

ワールドプレゼントのポイントがたまるカードは、以下の3パターンです。

・三井住友カードが発行する個人カード(独自ポイントが貯まるカードは除きます)
・三井住友ビジネスカード for Owners
・三井住友コーポレートカード(個人システム型)
ワールドプレゼントのポイント以外のポイントがたまるシステムのものは、ワールドプレゼントのポイントはたまりませんので注意が必要です。

ワールドプレゼントのポイントのおすすめ交換先

たまったポイントは、さまざまな景品や他社ポイントに交換できます。クレジットカードの利用代金に充てられるキャッシュバックもありますが、リニューアル前の1,000円で5ポイントたまるワールドプレゼントのポイントの場合は、1ポイント3円換算でした。あまり還元率がよいとは言えないので、Amazonギフト券などのオンラインギフトカードにするのがおすすめです。

これは1,000円で5ポイントたまるワールドプレゼントのポイントの場合では1ポイント5円換算でしたので、キャッシュバックよりもずっとお得です。

Amazonギフト券はギフトグレースで現金化できる!

 

https://giftgrace.jp/

三井住友カードで交換できるAmazonギフト券は、コンビニで買えるようなカードタイプのものではなく、オンライン用の電子ギフト券です。

専用のコードを自身のアカウントに登録することで使えるようになるのですが、登録前のコードは、電子ギフト券の買い取りを行っているギフトグレースのようなショップで買い取ってもらえます。

買取率は、時期やにもよりますが、初回ですとざっくり87%~90%くらいです。

国内でも最高値の基準で買い取ってもらえます。

ギフトグレースは、電子ギフト券の買い取りを行うオンライン上の金券ショップのようなものです。24時間対応なので、すぐに現金で振り込まれ、振込手数料もかかりません。

自身の利用している銀行が24時間振込対応をしていれば、土日でも深夜でも現金を手にすることができます。

ヤフオクやメルカリのように買い手が見つかるのを待つ必要はなく、確実に買い取ってもらえるところも大きなメリットです。

三井住友カードを利用していて、ポイントは使わないので現金化したい、といったときにはぜひ検討してみてください。

全銀ネットのモアタイムシステムとは?振込の際に覚えておく必要がある重要事項!

2018年に多くの銀行で導入された「モアタイムシステム」をご存じでしょうか。夜間や休日であっても銀行間の振込が即時に行えるようになるシステムで、従来のように「平日の15時30分までに振り込まないといけない」といったことがなくなり、特にお金を受け取る側にとっては重要なものとなっています。

非常に便利なモアタイムシステムですが、一方で注意すべき点もあります。この記事ではモアタイムシステムの特徴と、振込の際の注意点についてご紹介しています。ぜひ最後までご覧ください。

モアタイムシステムってなに?

銀行間の振込は、実は各銀行の間で直接お金のやりとりがされているわけではなく、全国銀行資金決済ネットワーク(全銀ネット)の、「全銀システム」というシステムを介して行われています。下記が概要となります。

https://www.zengin-net.jp/company/pdf/more-introduction.pdf

全銀システムにはコアタイムシステムとモアタイムシステムがあり、コアタイムシステムは従来の平日8時30分から15時30分までの銀行間の振込を、
新しく導入されたモアタイムシステムが、平日の夜間や休日の銀行間の振込を担っています。

従来であれば15時30分以降に振込み処理をしたものは翌営業日に反映されていましたが、
モアタイムシステムができたことで、ネット銀行のように24時間の振込が可能になりました。

モアタイムシステムの注意点

24時間いつでも銀行間の振込が可能になり、生活をより便利にしてくれるモアタイムシステムですが、いくつか注意点があるので確認しておきましょう。

すべての金融機関が対応しているわけではない

1つめの注意点は、すべての金融機関の間で24時間の振込が実現されたわけではないということです。モアタイムシステムへ参加するかどうかは、各金融機関が任意で決めるものなので、自身が使う金融機関が参加していない場合は、従来通り平日の8時30分から15時30分までに振込を完了しなければ即時反映はされません。

モアタイムシステムの開始以降、多くの金融機関が参加し、メガバンクはすべてモアタイムシステムに参加しています。

自分が使おうとしている金融機関がモアタイムシステムに参加しているかは、全銀ネットのこちらのページで確認できます。

https://www.zengin-net.jp/company/pdf/more-member1.pdf

2020年4月1日時点では1,173の金融機関が参加しています。

モアタイムシステムに参加していても24時間対応とは限らない

モアタイムシステムへの参加が任意であるだけでなく、モアタイムシステムへの接続時間も各金融機関が任意で決めることができます。
24時間対応の金融機関があれば、夜の21時までのところもあります。また、曜日によっても接続時間が異なる金融機関もありますのでご注意ください。
各金融機関のモアタイムシステムへの接続時間は、

https://www.zengin-net.jp/company/time/

接続予定時間一覧 という箇所(エクセルファイル)から見れます。

深夜の時間帯で30分程度メンテナンス時間を設けているところが多いです。ネットから申し込む際には「メンテナンス中」等書かれていることが多いですが、相手方の銀行が稼働しているか、数時間経っても振り込まれない場合は、上記の一覧で調べるとよいです。

自分が使う金融機関・振込先の金融機関のどちらもがモアタイムシステムに接続している必要がある

たとえ自分が使う金融機関が24時間対応だとしても、振込先がモアタイムシステムに接続していない時間であれば、振込は完了しません。この場合は従来のように一旦入金した金額がプールされて、振込み先がシステムに接続したタイミングでの完了となります。即時入金をしたい場合には、自分が利用する金融機関だけでなく、振込先の接続時間も確認する必要があります。

モアタイムシステムとは別に各社がメンテナンスを行うこともよくある

これは、銀行によって異なるのですが、独自でメンテナンスを行うこともよくあります。その場合、当然ですが振込等を行うことができません。

特に連休中や夜中半日使って行われることも多いです。

詳細は、各銀行のHPやツイッター等からご参照下さい。

ギフトグレースからの入金タイミング

Amazonギフト券などの電子ギフト券の買い取りを行っているギフトグレースでは、モアタイムシステムで24時間振込が可能な金融機関から入金がされるので、自身が指定した受け取り先の金融機関がモアタイムシステムに参加しており、24時間振込可能ならば、いつでも買い取ってもらった金額の受け取りができます。

しかし、ギフトグレースでは申し込みプランによって振込が行われるまでの時間が異なるのでご注意ください。
振込までの時間は以下の通りです。

特急プラン:最短2時間ほど
通常プラン:2~3時間ほど
翌日プラン:翌営業日の24時まで

ただし、これはギフト券の種類によって変わります。同じギフト券でも時期によっては変わることもあります。詳細はトップページ

振込時間というところを参照下さい。日々、最短時間は変わります。

 

特急プラン・通常プランであれば当日中に振り込まれますが、翌日プランの場合はギフトグレースの翌営業日24時までの振込です。

ギフトグレースは日曜が定休日ですので、土曜に翌日プランで申し込んだ場合は、月曜日の24時までの振込に、日曜に翌日プランで申し込んだ場合は火曜の24時までの振込みになるので注意が必要です。

また、たとえ特急プランや通常プランでも、自身の指定振込先がモアタイムシステムに夜間接続していないといった理由から、入金が翌日になることもあるので注意しましょう。

それでも入金がない場合は、電話やメールフォームから問い合わせしてみましょう。

【2020年版】ANA株主優待券、JAL株主優待券の売り時はいつか?

日本を代表する航空会社といえば、ANAとJALの2社ですよね。その安定性から株を購入している方も多いのではないでしょうか。ANAとJALどちらも、一定数の株を取得していれば「株主優待券」を年2回もらうことができます。新幹線と違ってシーズンやチケットの申し込み時期、搭乗時間によって大きく金額が異なる航空券ですが、株主優待券を使えば国内線の片道分の値段が半額になるという非常にお得なものです。

この記事では、ANAとJALの株主優待券について、期間中に飛行機に乗らないなどの理由で店舗などで買取を検討している方に向けて、高く買い取ってもらう売りどきはいつなのか、どこで買い取ってもらうのがおすすめかについて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください

ANA・JALの株主優待券の取得方法

株主優待券はANAとJALそれぞれの株主になることで発行されます。3月末日と9月末日に、株を一定数持っていると発行されます。発行されるタイミングは年2回で、3月末に株を持っていれば5月中旬に、9月末に株を持っていれば11月中旬に株主優待券が送られてきます。取得している株数によってももらえる株主優待券の枚数は異なります。JAL・ANAともに、株主優待券をもらうには最低100株の取得が必要です。

年2回送られてくる株主優待券には、それぞれ1年間の使用期限があります。

株主優待券は画像のように、クーポン番号が記載された部分がスクラッチになっています。
株主優待券は、使用しない人が金券ショップやオークションサイトに出品していますので、そこから購入することも可能です。

高値で買い取ってもらえる時期は?

自分が持っている株主優待券を売りに出す場合、どうせならなるべく高値で売りたいですよね。その場合は、航空券が高くなるシーズンに合わせて出品するとよいでしょう。

たとえばお盆やお正月、ゴールデンウィークなどの大型連休に合わせて出品すれば、多少高くても航空券も高い時期なので、高値で買い手が見つかるでしょう。買取の相場は1年の中でも大きく変動があり、2,000円~7,000円となっています。適切な時期を見計らって出品や買い取りしてもらうのがおすすめです。

どこで買い取ってもらえばよいか

それでは実際に売りに出す場合に、どこで売ると最も高値がつきやすいでしょうか。主な買取ルートとしては、金券ショップと、ヤフオクやメルカリなどのネットオークションやフリマサイトが挙げられます。それぞれで買い取ってもらう場合の、メリット・デメリットについて確認しておきましょう。

まずは金券ショップの場合です。ANA・JALの株主航空券はどちらも非常に需要が高いため、買い取ってもらえないということはまずないでしょう。大きなメリットとしては、その場でお金が受け取れることが挙げられます。デメリットとしては、直接店舗まで行く必要があること。

交通費がかかり、労力もかかります。さらに、金券ショップではネットを使った買取よりも安価になりがちです。大体の相場は分かっても、日々、買取料金が変動するので、実際に店舗に行くまでいくらで買い取ってもらえるかが分からないこともデメリットです。提示された料金に納得がいかなければ無駄足になりますし、他の金券ショップをあたったとしても大きく値が変わることはないでしょう。

次にネットオークションやフリマアプリを使用した場合についてみていきましょう。まず大きなメリットとしては、自分で売値を決められることが挙げられます。相場の変動に合わせて料金を変更することもできます。

しかし、高値をつけることができても、売れるとは限らないということがそのままデメリットになります。急にお金が必要な場合には、なかなか売れないことに焦り、相場より安く出品せざるをえないこともあるでしょう。

売れるか分からない、売れるまでの時間が読みづらくキャッシュ化するのに時間がかかるといったことに加え、自分で発送をしないといけないという手間もあります。送料を負担すれば、結局手元に残るのは少なくなります。

また、最大のデメリットとしてはヤフオクにしろ、メルカリにしろ、販売手数料がかかるということ。ヤフオクなら約8.5%、メルカリなら10%が手数料になります。

すぐに買い取ってもらえ、手間が少ないギフトグレースがおすすめ

JAL株主優待買取ページ
ANA株主優待買取ページ

ギフトグレースは、店舗を構えず、Amazonギフト券などの電子ギフト券を中心に買い取りを行うサイトです。つまり店舗に行かずとも確実に買い取ってもらえる
という利点があります。さらには、買取金額はそれぞれの買取ページで日々更新されているので、自分のタイミングで売りに出すことも可能です。サイトで申し込みを行って、レターパックなどの追跡可能な方法で郵送するだけで完了です。入金は即日、24時間対応しています。また、振込手数料もかかりません。買取価格は申し込み時点での値段となりますので、届くまでの時間の値下がりを心配する必要もありませんよ。

ギフトグレースなら、最も手間が少なく、高価格ですぐにお金を手にすることができます。株主優待券の出品を検討しているのなら、ぜひチェックしてみてください。

Amazonギフト券の現金化は違法か?

Amazonギフト券の買取は、メジャーな現金化の方法として知られています。換金率も高く、安定した人気があるので、すぐに買取をしてもらえるのがメリットです。

しかしAmazonギフト券の現金化は「違法」という声もあります。

そこで今回は、Amazonギフト券の現金化の違法性について詳しく解説していきます。Amazonギフト券の現金化を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

Amazonギフト券の現金化は違法ではない

結論から申しますと、Amazonギフト券の現金化は違法ではありません。しかし現金化する商品によっては違法になるので注意しましょう。

チケットや商品券、切手などの買取には古物営業法が適用されるため、現金化で逮捕される可能性があります。逆に電子ギフト券は、古物営業法の適用外なので、現金化をしても逮捕されません。

ただし今後は法律の改定により、電子ギフト券も古物営業法に入れられる可能性は十分にあるでしょう。

Amazonギフト券を現金化する時の注意点

Amazonギフト券の現金化は法律違反になりません。しかしAmazonやクレジットカード会社の規約違反になる場合があります。そこでAmazonギフト券を現金化する時の注意点をまとめてみました。

Amazonの規約違反

Amazonの規約では「現金化や転売は禁止」と定められています。法律違反ではないものの、Amazonの規約違反になるので注意が必要です。

もし現金化がバレてしまうと、購入したAmazonギフト券が無効になり、最悪の場合、アカウントが停止し、強制退会になるケースもあるんです。

そのため、Amazonギフト券を現金化目的で購入するのはやめましょう。

クレジットカード会社の規約違反

クレジットカードでAmazonギフト券を購入し、それを現金化するとクレジットカード会社の規約違反になります。クレジットカード会社は、ショッピング枠を利用した現金化を禁止にしているところがほとんど。

仮にクレジットカード会社にバレてしまうと、カード停止や解約、一括請求されてしまう場合もあります。

またクレジットカードの現金化は、破産法第252条第1項第2号にある「不当な債務負担行為」に該当する可能性があるんです。該当してしまうと自己破産ができなくなるので注意が必要です。

正当な理由でAmazonギフト券を買取してもらおう

現金化を目的にAmazonギフト券を購入すると、Amazonやクレジットカード会社の規約違反になります。そのため、正当な理由でAmazonギフト券を現金化することが大切です。

例を挙げると

友達からAmazonギフト券をもらったけど使い道がない
プレゼント用に購入したけど渡す予定がなくなった

など「使い道が無くて買取サイトで現金化をした」という理由なら規約違反にはなりません。

こういった話をすると「プレゼント用に購入して使わなかったことにしよう」という人がいます。バレないかもしれませんが、完全に自己責任でリスクを伴うのでおすすめしません。

悪徳業者に注意

Amazonギフト券の現金化は法律に引っかかりませんが、グレーゾーンな行為なので必然的に悪徳業者が増えます。クレジットカードの情報を抜き取ったり、換金率を下げたり、振り込みを行わなかったりなど、現金化をしたい人を狙っています。悪徳業者に引っかからないためにも、ギフト券買取サイト選びは慎重に行いましょう。

古物商許可を取っていない買取業者は違法なの?

中古品の売買を行う業者は、古物商の許可を取ることが法律で定められています。しかしAmazonギフト券などの電子ギフト券買取業者の多くが、古物商の許可を取っていません。これは法律違反になるのでしょうか?

実は電子ギフト(マネー)の売買は、古物営業法の適用範囲外なんです。そのため古物商が無くても営業ができます。

ただし古物商の許可は信頼できる証です。悪徳業者を避けたい人は、古物商の許可を得ている業者を選ぶといいでしょう。

法律違反ではないが現金化にはリスクがある

Amazonギフト券の現金化は法律違反ではありません。しかしAmazonやクレジットカード会社の規約違反になるため、大きなリスクを伴います。Amazonのアカウント停止やクレカが停止になれば、日常生活に大きな支障が出るでしょう。

あくまで現金化ではなく、「使用しないから買取してもらう」というスタンスで利用をしてください。

「ギフトグレースの振込」に関する事を分かりやすくブログにしました

「ギフトグレース 振り込み」「ギフトグレース 振り込み時間」等で検索されている方が多いことが分かりました。

これは、これからギフトグレースの利用を考えている人にとって、どんな流れで振り込まれるのか知っておきたいですよね。申し込みから振り込みまでの手順を理解しておけば、安心してスムーズな取引ができます。

そこで今回は、ギフトグレースの「申し込み関連」で多く抱かれる疑問を解決いたします。

ギフトグレースを初めて利用する人が用意するもの

ギフトグレースを初めて利用する人は以下のものを準備してください。

メールアドレス
本人確認書類
ギフトコード(未使用に限る)

本人確認書類に関しては、

1点の提出で申し込み可能な身分証
運転免許証(裏面も提出)
健康保険証(社会健康保険証の場合は現住所が記載されている裏面も提出)
マイナンバーカード
住民基本台帳カード(裏面も提出)
パスポート(顔写真のあるページと住所のページを提出)
運転経歴証明書(裏面も提出。交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る)
在留カード(裏面もご提出ください)
特別永住者証明書(裏面も提出)
外国人登録証明書(裏面も提出。交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る)

2点ご提示で申し込み可能な身分証
住民票(発行から3ヶ月以内のものに限る)
公共料金(住所が記載されている発行から3ヶ月以内の電気・ガス・水道・NTT等)の請求書・領収書

上記を用意しておけば問題なく取引ができます。

ギフトグレースの申し込みから振込みまでの流れ

それでは申し込みから振り込みまでの流れを解説していきます。

①申し込み

https://giftgrace.jp/application

 

まずは「初回申し込みフォーム」からお客様情報と必要書類のアップロードを行います。

お客様情報及びお振込み先金融機関情報をご入力
ご本人様確認ができる書類画像をアップロード
お買取り希望の各種ギフト券情報をご入力

3つのステップで簡単なので、初めての方でも安心して利用できます。

②買取金額の振込み

申し込みが承認されれば、振り込みが行われます。振り込み時間はプランによって変わるので注意してください

Amazonギフト券の場合

特急プラン(最短4時間)
通常プラン(最短6時間)
翌日プラン(翌日24時迄)

急ぎの方は特急プラン、買取率を少しでも高くしたい人は翌日プランを申し込んでみてください。

※これは、ギフト券の種類によって異なるので、トップページの買取一覧の振り込み時間で確認してください。

 

振込時間が過ぎても振り込まれない場合は?

ギフトグレース側の振り込みが完了しても、お客様の口座に振り込まれていない場合があります。これは、振込先の金融機関によっては、入金反映まで時間がかかる場合があるので確認をしておきましょう。

これには、モアタイムシステムの加盟機関かどうかが関係してきます。

24時間反映可能な金融機関
全銀ネットのモアタイムシステム加盟金融機関
(楽天銀行・三菱UFJ・三井住友・各地方銀行・各信用金庫 等)

24時間入金反映可能ではない金融機関
全銀のモアタイムシステムに加盟していない金融機関
平日15時00分前にお振り込みした場合、入金反映されます。また平日15時00分以降にお振り込みした場合、土日祝の場合はご指定金融機関の翌営業日反映です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓加盟しているかどうかは、下記よりご確認下さい。

https://www.zengin-net.jp/company/pdf/more-member1.pdf

全国銀行資金決済ネットワークのHP

あなたの銀行口座が、上記の加盟機関かどうか調べてください。

特急プランに申し込んでも、24時間入金反映可能ではない金融機関だとすぐに入金されません。あらかじめ金融機関に問い合わせをしておいてください。

ギフトグレースの「振込」は土日でも振り込まれるか?

ギフトグレースの振り込み対応時間は下記の通りです。

振込対応|定休日を除く24時間対応 定休:日曜日~月曜日8時

この時間内の申し込みであれば振り込まれます。

ただ、上記に書いたように、振り込まれたとしてもモアシステムの加盟でない場合は翌営業日になってしまいますので、注意が必要です。

 

ギフトグレース「振込」で「振り込まれない」場合の確認事項まとめ

もし、振り込まれない場合は、下記フローで確認してください。

①プランを確認⇒申し込んだプランと、ギフト券の種類を確認。

お申込みのプランとお申込みのプランおの振込時間を確認してください。

https://giftgrace.jp/

※下記画像はあくまで例です。日によって変わるので、最新のものをご確認下さい。

②ご自身の銀行を確認⇒営業時間内か、モアタイムに加盟しているか

ギフトグレース側が振り込んだとしても、あなたの銀行次第では振込時間が遅れる場合があります。

銀行の営業時間は、平日の9:00~15:00です。

平日の16:00に振込が完了した場合、翌日の振り込みになります。金曜日の15:30に振込が完了した場合、翌営業日なので、月曜日の9:00ということになります。

あなたの銀行がモアタイムに加盟していた場合は、土日関わらず、振り込み完了から10分以内に振り込まれます。

↓↓↓加盟しているかどうかは、下記よりご確認下さい。

https://www.zengin-net.jp/company/pdf/more-member1.pdf

※加盟していても数分遅れる場合もございます。

③それでも振り込まれない場合は、問い合わせしてください。

それでも振り込まれない場合は、弊社営業時間内に下記にてお問い合わせ下さい。

03-5937-0066

info@giftgrace.jp
(受付時間:定休日を除く24時間対応)

振込対応|定休日を除く24時間対応 定休:日曜日~月曜日8時

定休:土曜日23時~月曜日8時

まとめ

今回はギフトグレースの申し込みから振り込みまでの流れを解説してきました。必要書類を用意して、申し込みフォームに記入をするだけなので、初めての人でも簡単に買取ができます。

振り込まれない場合は、きっちりとフローを確認した上でお問い合わせ下さい。丁寧に説明してもらえるので、気軽に相談してみましょう。

「Amazonギフト券買取 悪徳業者の手口」とは?


これからAmazonギフト券の買取依頼をする人は、悪徳業者に引っかかりたくないですよね。最近は優良業者が多くなってきましたが、まだまだ詐欺まがいな行為を繰り返す悪徳業者もいるのが事実です。

そこで今回は、Amazonギフト券買取の悪徳業者の手口を紹介します。手口を知っておけば、騙される確率も低くなりますので、ぜひ参考にしてみてください。

電子ギフト券買取は新規参入がしやすく悪質な業者が湧きやすい

ギフト券買取は古物商の資格なども必要なく、誰でも始められるビジネスです。そのため、現金化業者や金融業者、個人の参入も多く、必然的に詐欺まがいの業者が紛れ込みます。

優良なサイトに見えても、実は詐欺サイトだったということもあるので注意しましょう。

悪徳業者の手口とは?

それではAmazonギフト券の詐欺業者の手口を公開します。

換金率が低い

悪徳業者は換金率を低くして、少しでも多くの利益を得ようとします。Amazonギフト券の買取率の相場は80〜90%ですが、悪徳業者は70%台からそれ以下がほとんど。そもそも換金率が低いと自分自身が損をしてしまうので、できるだけ換金率が高い業者を選ぶことが大切です。

高い換金率を偽っている

「換金率が高い業者を選ぼう」というお話をしましたが、中には高換率を装い、集客をしている悪徳業者もいます。特に95%以上の換金率を提示している業者には注意が必要です。

そこまで高換金率だと業者に利益が出ません。そこで悪徳業者では、手数料や利用規約にカラクリを仕掛け、換金率を大幅に引き下げます。「最初は95%だったのに振り込みされたのは70%台だった」というケースはよくあるので、利用規約はしっかりと確認しておきましょう。

代金が振り込まれない

Amazonギフト券の買取したのに「代金が振り込まれない」という詐欺も多発しています。申し込みをして数日経っても振込が行われない場合は詐欺を疑いましょう。そのためギフト券買取業者を選ぶときは、振り込みスピードが早いところを選択してください。

謎の手数料が発生する

悪徳業者は高い換金率をうたって集客をし、手数料で大きく換金率を下げてきます。中には振込手数料だけでなく、訳の分からない手数料を上乗せする業者もいるので非常に厄介です。

悪徳業者を見分けるポイント

悪徳業者の手口が分かっても、どうやって見分ければいいのか分かりませんよね。そこで悪徳業者を見分けるポイントをまとめてみました。

営業許可を取っているか

営業許可を取っている業者は信頼ができます。もちろん営業許可を取っていない業者でも、真面目に取引してくれる場合はありますが、悪徳業者の多くは営業許可を取っていません。

また万が一トラブルに巻き込まれてしまった場合、無許可営業では訴えることができず、泣き寝入りする羽目になります。そのため、必ず営業許可を取っている業者を選びましょう。

会社の所在地を確認する

気になるギフト券買取サイトを見つけたら、会社の所在地を確認しましょう。悪徳業者の多くは、架空の住所を使用しています。そのため、まずはGoogleマップなどで住所を入力して調べてみてください。

会社が出てこなければ、架空の住所を使用した悪徳業者の可能性が高いです。

個人か法人か

買取業者には個人運営と法人運営があります。信頼できるのは個人よりも法人です。もちろん営業許可や所在地を確認した上で総合的に判断してください。

また個人と法人を見分けるコツは「電話番号」です。電話番号が携帯番号の場合は個人の可能性が高いです。

 

電話番号が繋がるか

上記と少し被りますが、電話番号を載せていてオペレーターがいるところはかなり安心できます。万が一トラブルになっても口頭で伝えることができるので、電話番号を載せている会社は一定の信用ができると考えれます。

本人確認書類の提出の有無

ギフト券買取の申し込みには本人確認書類が必要です。きちんと営業許可を取って運営している会社で、本人確認書類が不要だという業者はありません。そのため本人確認書類が不要という業者は悪徳業者の可能性が高いです。

振込み時間

優良業者の多くは振り込みスピードが早いです。プランにもよりますが、最短で10~30分というところもあります。しかし悪徳業者は振込が数日後というところも多く、そのまま振り込みが行われないという詐欺被害もあります。

ギフト券買取業者を選ぶときは、振り込みまでの時間が早いところを選びましょう。

まとめ

今回はAmazonギフト券買取の悪徳業者の手口と対策について解説をしました。悪徳業者の手口は巧妙になってきていますが、しっかりと対策をしておけば引っかかることはありません。

これからAmazonギフト券の買取をしたいという人は、サイトをしっかりと確認し、自分の目で見極めてみてくださいね。

当サイト、ギフトグレースはすべての条件をクリアしており、圧倒的に顧客満足度が高いと自負しております。

https://giftgrace.jp/

迷った場合は、当サイトを是非ともご利用ください。

なぜAmazonギフト券の買取ランキングのブログは信用できないのか?


Amazonギフト券の買取を検討している人の中には、買取ランキングを活用して「優良サイトを見つけたい」と考えている人もいるでしょう。

しかし買取のランキングサイトは全く信用できません。

そこで今回は、Amazonギフト券の買取サイトが信用できない理由や、正しい選び方を解説していきます。

買取サイト選びに迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

Amazonギフト券買取ランキングが信用できない理由

まずは買取ランキングサイトが信用できない理由を解説します。

アフィリエイト目的だから

買取ランキングサイトの多くが、アフィリエイト目的で運営をしています。アフィリエイトとは、サービスや商品をサイト上で紹介して、利用したり購入されたりすればマージンが入る仕組みです。

そのため、アフィリエイトと提携している買取サイトを、優先的に紹介している可能性があります。評判や口コミの良し悪しに関わらず、ランキングが作られているので、優良サイトを見つけるのは難しいでしょう。

要するにサイト運営者の都合でランキングが決められているということです。

自社の買取サイトを上位に掲載していることも

買取業者が自社で、買取ランキングサイトを立ち上げているケースも少なくありません。自社の買取サイトを1位にして、集客効果を高めようという戦法です。

またランキングと見せかけて、全て自社サービスという場合もあります。そのためランキングを鵜呑みにして利用するのは危険です。

アフィリエイトサイトの見分け方

パソコンで見た場合、マウスを合わせて左下にURLが記載されます。

上記のように、URLの後ろにタグが打たれている場合はアフィリエイトになります。

もしくは、クッションサイトを自社サイトに埋め込んでいる場合もあるので、マウスオーバーでアフィリエイトリンクが表示されない場合があります。

もしくは、飛び先のサイトのURLが下記のように単一URLでなく、何かしらタグが埋まっている場合もそうなります。

 

Amazonギフト券買取サイトの正しい選び方とは?

買取ランキングサイトが信用できないとなると、どうやって選んでいいのか分かりませんよね。そこでAmazonギフト券買取サイトの正しい選び方をまとめてみました。

会社所在地が記載されている

会社所在地が記載されていない買取サイトは信用できません。詐欺サイトの可能性が高いので、避けておきましょう。

また、運営会社で検索してみましょう。詐欺の疑いのある会社は多くの悪評が出てきます。逆に、別の事業等の検索結果が出た場合は安心できます。もし、Amazonギフト券の買取で詐欺をしていた場合に別事業に影響が出てくるからです。

個人か法人か

上記に並んで、個人か法人かも優良業者を選ぶ指標です。個人運用はほぼ信用できません。サイト名のみの場合は個人サービスが多いです。

電話番号が記載されている

電話番号がない買取サイトは危険です。仮に振り込みがされないと、メールでしか問い合わせができず、最悪の場合、業者にそのままバックれられてしまう可能性もあります。必ず電話番号があるサイトを選びましょう。

また、その電話番号が本当かどうか、その電話番号でも検索してみましょう。

古物商許可番号が記載されている

買取サイトの運営に、古物商許可番号は必要ありません。しかし古物商の記載があれば、真面目に運営している可能性が高まります。

古物商の番号すら騙している可能性もあるので、古物商で検索をしてみると、運用会社が本当かどうか調べることができます。

身分証の確認をしっかりとしている

買取サイトでは基本的に身分証の提示が必要です。そのため身分証の提示がなくても買取できるサイトは怪しいと思った方がいいです。

初回買取率が高すぎず低すぎない

買取率が96%のような高すぎる買取サイトは避けたほうがいいです。これは採算が取れないからです。

セキュリティ対応がしっかりしている

買取サイトを利用すると、個人情報の入力や本人確認書類の提出が求められます。そのため個人情報の取り扱いをきちんとしている業者を選んでください。

例えば、お問い合わせや申し込みフォームがSSL化(暗号化)されているか、セキリティ会社と契約をしているかなどを確認しておくとよいでしょう。

まとめ

今回はAmazonギフト券買取ランキングのブログは信用できないというお話をしました。アフィリエイト目的や買取業者が意図的に立ち上げたケースが多いため、ランキングは参考程度にみておきましょう。

当サイト、ギフトグレースはすべての条件をクリアしており、圧倒的に顧客満足度が高いと自負しております。

https://giftgrace.jp/

迷った場合は、当サイトを是非ともご利用ください。

「ギフトグレース 違法」という検索が多い理由は?


Amazonギフト券などの電子ギフト券売買に不安を持っている人もいるでしょう。ギフトグレースでは法律を遵守した運営を行い、安心して取引ができる体制を整えています。

しかしネット検索をしてみると「ギフトグレース 違法」というワードが出てきます。そのため、違法な取引をしているのではないかと心配になりますよね。

そこで「ギフトグレース 違法」という検索がなぜ多いのか調べてみました。

「ギフトグレース 違法」という検索が多い理由

「ギフトグレース 違法」という検索が多いのは、さまざまな要因が考えられます。下記いくつかその理由を挙げます。

利用前に違法なサイトではないか知っておきたい

ギフト券売買サイトの中には、詐欺などの違法行為を繰り返す業者も多いです。そのためギフトグレースが本当に健全な業者なのか調べるために、「ギフトグレース 違法」と口コミや評判を探す人が出てきています。

ギフト券買取に対して怪しさを感じている人が多い

ギフト券売買はネット上でやり取りをするため、詐欺行為を繰り返す悪徳業者が多いです。そのためギフト券売買に対して「怪しい」「詐欺なのでは?」と感じてしまいます。

しかしギフトグレースは健全な運営をしており、違法行為なども一切ありません。安心して利用したいならぜひギフトグレースを検討してみてください。

ギフトグレースの競合が書き込みをしている

ギフト券売買の業者は数多くあります。そのため競合の評判を下げて、自社のサービスを利用してもらおうという業者も多いです。掲示板や口コミにギフトグレースの悪い評判を書き込み、「ギフトグレース 違法」と検索に引っかかるようにしているんです。

サービスを理解せずに悪い評判を書く人もいる

サービスの内容を確認せずに取引をし、勝手に「違法行為だ」と勘違いする人もいます。よくあるのが、当日中に振込みされるはずが遅れているというクレームです。

しかしギフトグレースではプランによって振込み時間が異なります。

特急プラン:最短10分~1時間ほど
通常プラン:30分~2時間ほど
翌日プラン:翌営業日の24時まで

翌日プランになると、翌日営業日の24時までの振込みです。

そして翌日営業プランには注意点があります。それはギフトグレースの定休日(日曜)だと振り込みが遅れるという点です。ギフトグレースは日曜日が定休日なので、土曜に申し込みだと月曜の24時までの振り込み、日曜に申込みだと火曜の24時までの振り込みです。

そのため「振込みが遅れている」「違法行為だ」と勘違いする人がいます。もちろんギフトグレースの公式サイトには、丁寧に記載してありますので、違法行為ではありません。

ギフトグレースは違法業者ではない理由

ギフトグレースは健全な運営をしているギフト券売買業者です。そこでギフトグレースは違法業者ではない理由をまとめてみました。

ギフト券買取には古物商許可番号は必要ない

ギフト券売買サイトの中には、古物商許可番号の表記がないサイトがあります。「古物商がないと売買は違法なのでは?」と感じてしまいますが、実はギフト券売買に古物商は必要ないのです。

ただし古物商の許可は信頼できる指標にもなります。ギフトグレースは古物商の許可を取って運営をしているため、安心して売買が行えるでしょう。

貿易業が本業の安全な会社が運営

違法行為を繰り返すギフト券売買業者は多いです。一方、ギフトグレースは貿易事業を行なっている会社が運営しており、怪しい行為は一切行なっていません。ホワイトな会社の事業のひとつなので安心して利用できます。

自分自身が違反になってしまうパターンもあるので注意

ギフトグレースは健全な運営を行なっていますが、お客様の行為が違反になってしまうケースがございます。

クレジットカードの現金化目的だと違反になる

クレジットカードの現金化を目的としてAmazonギフト券を購入。それをギフトグレースで現金に変えると、クレジットカード会社の規約に違反することがあります。

クレジットカード会社のほとんどで現金化が禁止されています。もし規約違反をしてしまうと利用停止や強制退会の処分が下されることもあるので注意してください。

ただし、規約「違反」「違法」は異なります。

違反というのは、その会社が定めた範疇での罰則となります。違法ではありませんので捕まるということはありません。

換金目的だとAmazonの規約違反になる

換金目的でAmazonギフト券を購入することは、Amazonの規約に違反します。もし換金目的だとバレてしまうと、Amazonのアカウントが停止されることも。あくまで「必要ないので売る」というスタンスで利用してください。

まとめ

今回は「ギフトグレース 違法」という検索が多い理由について解説をしました。ギフトグレースは健全な運営をしており、違法行為や詐欺などは一切ありません。またこれからギフトグレースを利用する人は、規約やプランを確認して、トラブルが発生しないようにしましょう。